長い2ヶ月だった

d0067111_0182334.jpg

▼毎日があっという間に過ぎたけれど、
 思い出してみたら、すごく長かった気がする。

▼子猫たちは、里親さんにもらわれていった。

 名前も決定。
  大悟柄の子が『雄矢(ゆうや)』くん
  ももちゃん柄の子が『春雪(はるゆき)』くん。

▼里親さんからさっそくメールも到着
 もう動物病院で健康診断も受けたとのこと。
  体温:雄矢 39.2℃
      春雪 38.9℃
  体重:雄矢 1.1kg
      春雪 950g、
 「春雪の目が少し結膜炎気味ということで点眼液をもらいましたが、
 他はいたって両者とも健康」

 ということなので、ひと安心だ。

//そういえば、金曜にももちゃんを動物病院連れて行ったとき
 例の看護婦さんに「黒白の子たち来てましたよ」と言われたのを思い出した。
 (静と響の里親さん家は、わりと近所なのだ)。こっちも安心…かな。//

▼雄矢と春雪は、まだ警戒して
 こたつテーブルの下にかくれて丸くなっているらしい。
 (こたつテーブルがあるなら大丈夫だろうと思う。すごく個人的に)。

▼お母さんに、子猫たちがもらわれていったことを(泣きながら)
 説明したが、分かってくれているのだろうか。

▼久しぶりに大悟が俺の横で寝ている。やっぱり子猫に遠慮していたのかな。



▼里親募集中の「みーこ絵日記」
 新しい写真は前の写真よりかわいく撮れていると思う。



▼「チビニャンコ日記」のキジトラちゃんが亡くなった。
 管理人のYebisuさんは一番つらいはずなのに、
 状況を思い出してブログに記録している。

▼人間は失敗からしか学べないし、
 自分のこととして考えないと覚えない。
 もし、将来子猫を拾ってしまった時、
 きっと役に立つと思うので読んでおいてほしい。

▼まとめ
  ●そもそも子猫を育てるのは難しいという認識が必要
    (大悟や桃香の場合は「たまたま」うまく育っただけだと思う)
  ●保護した状況によって必要な処置は異なるので、
   子猫の育児経験があってもできるだけ注意して観察する
  ●子猫を保護したら、すぐに獣医の診察を受けるべき
[PR]
by nekokotatsumikan | 2006-05-29 10:34 | ねこ
<< なーんもなし。 今日はいい一日だった。 >>