いったい何が起きているんだ?

d0067111_2358781.jpg
 生後1か月くらいだろうか。
d0067111_23583086.jpg
 おなかがすいていたらしく、キャットフードを開けたら自動的に食べ始めた

プロローグ
 今日、早めに帰ってきたら、大悟が首輪をしていなかった。
 今朝、外に行ったときにでも落としたかな? と思って、
 あとで買いに行くつもりだった。

第一章
 そんで、さっき。
 午後11時ちょっと前に電話がかかってきた。
 「猫を保護したんですけど」って。
 付けている首輪に、うちの名前と電話番号が書いてあるという。
▼しかも、黒い子猫らしい。
 大悟もももちゃんもここにいるし…。
 お母さんには首輪つけたことないし?
▼場所を聞いたら、北沢らしい(けっこう離れている)。
 さっぱり訳がわからないが、とにかく子猫がいるというので
 自転車で見に行くことにした。
▼で、写真の子がいたわけ。下の写真の首輪を付けていた。
d0067111_00194.jpg
 今朝まで大悟がしていた首輪にひもがついている
▼保護してくれた人のうちには犬がいて飼えないらしい。
 とりあえず、服のなかにいれて連れて帰ってきた。
 今、タオルを敷いためかぶ箱の中で眠っている。
 さて。どうするか…。
[PR]
by nekokotatsumikan | 2006-06-06 00:10 | ねこ
<< この子の飼い主を知りませんか? 雄矢と春雪 >>